travel with me!

ごくふつうのOLの、私にもできる、旅

【下田公園】どこまでも紫陽花、まるで紫陽花のラビリンス。一面に咲く紫陽花が、息をのむほど美しかった


6月といえば、紫陽花。
紫陽花といえば明月院、長谷寺が本会場有名ですが、どちらも大混雑で入場制限がかかるほど。

そこでオススメしたい隠れた名所がここ、下田公園。
紫陽花いっぱい公園は、ファンタジーの世界に迷い込んだような、ロマンチックな気分に浸れます。
デートにも、父の日や両親へのプレゼント旅行にも最適なスポットです♪

※写真は6/10時点、5分咲きのもの。
6/13に、見頃を迎えたそうです♪


まずは紫陽花の世界に浸って


下田公園で毎年6月に開催されているのが「あじさい祭」。

http://www.city.shimoda.shizuoka.jp/category/100100midokoro/110769.html




園内には、野生種のガクアジサイをはじめ、和洋様々な品種のあじさいが植えられております。

http://www.city.shimoda.shizuoka.jp/category/100100midokoro/110769.html


途中こんな場所も♡


このベンチを見つけたら、景色をふたり占めしたくなる。

しかもここ、まだ本会場ではありません。


ここからが本会場。
これ全部、アジサイなんです!





どこまで続くの?


下田市街と下田港を一望できる「下田公園」に15万株300万輪の紫陽花が約10万坪の広大な敷地に咲き乱れます。

http://www.city.shimoda.shizuoka.jp/category/100200event_ikou/110738.html


紫陽花に囲まれた階段は、まるでファンタジーの世界に迷い込んだよう♡

下田公園のすごいところが、なんとこれでまだ5分咲き!
満開になったら、どれほど綺麗なのでしょうか。


ペリーロードも、見て行って

紫陽花の咲く公園を一周したあと、道をくだってそのままペリーロードへ。
下田条約締結の時に、ペリーが行進した道だそうです。

かつて出船入船三千隻とうたわれた港町下田の花柳界の面影を残しており、平滑川(ひらなめがわ)沿いを石畳の道が続き、伊豆石やなまこ壁の家並み、柳並木が独特の風情を醸し出しています。

http://www.city.shimoda.shizuoka.jp/category/100100midokoro/110766.html



雑誌の表紙みたい?


駐車場への行き方

あじさい祭り開催中は、500円の臨時駐車場が設置されますが、100台ぶんしかありません。
"ペリー艦隊来航記念碑"を目指していくとわかりやすいです。


お役立ちリンク

下田公園 あじさい祭り

【弾丸台湾】十份でランタンをあげるなら、吉祥天燈がオススメ


九份(九份の旅行記はこちら)と並んで人気の観光地、十份。
1時間に1本のローカル線が走り、線路の脇には所狭しと屋台が並んでいる、風情ある街です。
今回は十份でランタンをあげて、十份瀑布を見てきました♡


混雑が嫌なら、朝早く行くのがオススメ

台北から十份への行き方は調べるとたくさんでてきますが、
台北 → 瑞芳 → 十份
といく人が多いみたいです。
私たちも行きはこの乗り換えで、帰りは座りたかったため別の駅で乗り換えました。

台北7:53発、瑞芳8:52着(台湾国鉄)、
瑞芳9:10発、十份9:47着(平渓線)に乗車。

この日は休日でしたが、台北〜瑞芳は台北で降りる人がいるため台北で空席ができ、
瑞芳〜十份は、ほぼ席が空いている状態で瑞芳に到着するため、いずれもドアの4〜5人目くらいまでならなんとか座れる印象でした。

座らないと、乗る時間が長いのであとがつらいです。


十份に到着♡


この時点ではまだ前後の人との間に間隔があるくらいの混雑ですが、昼12時頃になってくると列が詰まり出します。
混雑が嫌なら、十份は頑張って朝早く行くのがベター◎


吉祥天燈がオススメの理由


こちらが吉祥天燈。
駅から歩いて行くと、右側、つまり線路を渡った側にあります。


まずはランタンの色選び♪

何色使うかと、どんな組み合わせにするかが選べます。
一色だと150元、四色だと200元。
たった50元の差で四面カラフルになるならと、四色ランタンにしました♪
ちなみに値段はどの店も同じで、統一されているようです。


色が決まったら、願い事を記入。

(我愛学!?なんかすごそう。)
一面書き終わると、面を変えてくれます。

書き終えたら、写真撮影♡
ここが吉祥天燈オススメのポイント!


❶ 機器の操作や写真を撮り慣れている

韓国風イケメン系(?)な若いスタッフが多く、皆スマホやらカメラやらの操作に慣れています。
▽スタッフは金髪のイケメン系

写真も撮り慣れており、構図などもバッチリ。


❷ 写真たくさん、動画まで

スタッフがSNS世代だからか、写真を盛りだくさんに撮ってくれます。
最後ランタンをあげるときは動画まで!

終わったあと見返しても、とても楽しい♪


❸ ポーズもレクチャー

写真をたくさん撮ると、ポーズはつい同じになりがち。
でもここのスタッフは、写真のたびにポーズをレクチャーしてくれるので、心配なし◎(笑)



どこのお店もランタンをあげる前の写真撮影をやってくれるみたいですが、ここは特に写真もたくさん、ノリもよく楽しい印象でした。


写真を撮り終えたら、いよいよランタンあげ!
数を数えて、一斉に手を離します。

願いよ叶え〜!


ランタンあげ、とっても楽しいのでぜひ体験してみてください♡

このあとは十份瀑布をまわります!


お役立ちリンク

平溪/深澳線 時刻表

吉祥天燈 Happy Lantern