読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

travel with me!

お金も時間もないOLの、私にもできる、旅

【筑波山】一日ハイキングで、紅葉真っ盛りの筑波山を楽しんできた【ハイキング+ランチ】


都心から電車とバスで約2時間。
紅葉の時期にオススメなのが、筑波山♪

昔から「西の富士、東の筑波」と愛称され、朝夕に山肌の色を変えるところから「紫峰」とも呼ばれている筑波山。
http://www.ibarakiguide.jp/db-kanko/mt_tsukuba.html
筑波山は、山頂に二つの頂をもち、登山用語でこれを双耳峰(そうじほう)と言うそうです。

筑波山・筑波山麓マップ | 筑波山・筑波山麓ガイド | 沿線情報 | つくばエクスプレス
今回は、矢印のように時計回りで筑波山を楽しみます♪


09:20▶︎つつじヶ丘→筑波山神社


つつじヶ丘から出発!
まず歩いたのは、迎場コース。


迎場コース
距離 約1.6km 標高差 約190m
所要時間 登り40分 下り35分


モミやスギ、ヒノキの静かな常緑針葉樹林の中、森林浴をしながら花の色や野鳥の声が楽しめます。

花はムラサキシキブやギンリョウソウ、ツルアリドオシなど。

野鳥はヒガラやヤマガラやアオゲラ。春夏にはウグイスやホトトギスの声も楽しめます。

酒迎場分岐から白雲橋コースへ合流し女体山頂へ向かうことも、つつじヶ丘から筑波山神社へと下ることもできます。岩場が少なく比較的楽なコースです。
http://www.mt-tsukuba.com/?page_id=136

筑波山神社へと向かう、下り道が続きます。



10:10▶︎筑波山神社→御幸ヶ原


歩くこと50分、筑波山神社に到着!

筑波山神社は、東の霊峰「筑波山」を御神体として仰ぎ、約3千年の歴史を有する古社
http://www.tsukubasanjinja.jp/sp/index.html

縁結び、交通安全、厄除け、安産祈願、合格祈願・・と、多方面な御利益があるとのこと◎

御幸ヶ原へは、ケーブルカーで。


美しいのは、三色紅葉♡


だけじゃない!
真っ赤な紅葉も、美しく色付いています♡



筑波山神社から男体山の頂上へは、登山道の御幸ヶ原コースを登るか、ケーブルカーで行くかの二通りがあります。

御幸ヶ原コース
距離 約2.5km 標高差 約610m
所要時間 登り90分 下り70分


山神社から男体山頂を目指すルート。ほぼケーブルカー沿いに登り、上りと下りの2台のケーブルカーがすれ違う様子や男女川(みなのがわ)最上流の地点など貴重なシーンに遭遇することができます。標高差があり比較的険しいコースです。
http://www.mt-tsukuba.com/?page_id=136
引用にもあるように、御幸ヶ原コースは険しい道のりになっています。
今回は、らくらくケーブルカーで♪

このようにケーブルカーの両わきにはもみじが植えられており、車窓から紅葉を楽しめますよ♡




12:00▶︎御幸ヶ原→男体山頂

御幸ヶ原駅は、男体山と女体山の中間にあります。
山頂連絡経路
距離 御幸ヶ原〜男体山頂 約300m、御幸ヶ原〜女体山頂 約550m
所要時間 御幸ヶ原から両山頂まで、それぞれ約15分

御幸ヶ原駅から男体山へは、岩がいっぱいの、比較的険しい道のり!

登ること約30分、男体山の頂上に到着*





12:50▶︎御幸ヶ原で、お昼ごはん

男体山頂から御幸ヶ原へ戻り、腹ごしらえ。
食堂でカレーを注文!

山頂で食べるカレーは、特別に美味しく感じます♡


13:20▶︎御幸ヶ原→女体山頂

女体山頂への道のりは、先ほどよりもゆるやか◎
頂上には男体山と似た本殿があります。

山頂にある女体山の御本殿は男体山御本殿の方を向いているのだとか。
http://www.mt-tsukuba.com/?page_id=762



14:10▶︎女体山頂→つつじヶ丘

残るは帰り道!
白雲橋コースを少し通り、おたつ石コースで山を下ります。

おたつ石コース
距離 約1.0km 標高差 約200m
所要時間 登り40分 下り35分

このコースには、多くの奇岩があるんです◎
そのひとつが、"弁慶七戻り"と言われる岩。

頭上の岩が今にも落ちそうで、弁慶も七戻りしたといわれている石。
http://www.mt-tsukuba.com/?page_id=899
他にも、ガマ石や母の胎内くぐりなどがあります。
下ること約50分、つつじヶ丘に戻ってきました!


朝9時に登り始めて、戻ってきたのは15時半。
丸1日自然に触れて、リフレッシュすることができました◎

11/1から、もみじ祭りが始まっています。
11/3 17時現在、色づき始めた葉もあるようです♪
紅葉情報はこちらから!


今回観た絶景

今回食べたランチ