travel with me!

ごくふつうのOLの、私にもできる、旅

♡ ゲストハウスでの自炊、一日の献立はこうやって工夫した【スウェーデン旅行記❻】



ホステルの決め手

3泊の値段は大事

アビスコといえば有名なのは、アビスコツーリストステーション。
そちらでなくAbisko Fjällturer ABにした理由は、1泊ひとり300SEK ≒ 5,000JPYしないというお値段。
ツーリストステーションは7,000JPY〜13,000JPYくらいだったので、3泊で約12,000JPYの節約となりました。


犬ぞり参加で更にお安く

夜はなんといっても、オーロラ観測。
では昼はというと?
昼は、宿が様々なツアーをやっていることが多いので、それに参加するのがオススメ◎

このホステルでは、犬ぞり・スノーシューハイキング・クロスカントリースキー・スノーモービル・穴釣りなどのアクティビティをはじめ、ナルビクやアイスホテルへのツアーも出ています。

犬ぞりは2時間ひとり1100SEK。
この値段自体は他の宿と変わりませんが・・ここは犬ぞりに参加すると、宿代が個室はひとり50SEK割引!
滞在中はサウナも使い放題です。


ホステルでの食事

同じ食材でちがうメニューを◎

ホテルから徒歩10分のところにあるのは、スーパーマーケット、Coop。
※閉店情報あり。要確認

結局レストランは一度も利用せず、Coopで食材を調達して、3日間ずっと自炊。
その理由は売っている食材の量にあります。

1食分のカット野菜や、ハーフサイズのパン、小分けのチーズなどは見つかりませんでした。
たとえばチーズなら、あったのは絵に描くような塊のチーズ。
Cheese こんなイメージで、いろんな種類がありました。

買ってきた食材は数日にわたって食べるのに充分な量。
うまく食材を組み合わせれば、朝昼晩とメニューを変えられますよ!


買ったものたち

  • フランスパン
  • たまご
  • ベーコン
  • チーズ
    絵に描くような塊のチーズしか売っておらず、塊を購入。
  • レタス
  • トマト
  • 出来合いのミートソース
  • トルティーヤ生地
  • 紅茶のティーバック
  • 牛乳
  • ヨーグルト
    オススメはyoggi♡濃厚で美味しい!フレーバーは、サクランボがお気に入り。


ホステルにあったもの (共用)

  • オリーブオイル
    普通の油はなし
  • クレイジーソルト
    塩コショウではなく、クレイジーソルトが常備されていた。
  • パスタ
    種類はファルファッレ
蝶の形をしており、その名も蝶の意味。 薄い部分は柔らかであるのに、中心部分は歯ごたえが残る独特の食感が楽しめる。 トマトソース、オイル系、クリームソースなど様々な味で楽しめる。
http://tomato-and-basil.com/column/004_kind.html
これらはキッチンに常備してあり、自由に調理に使ってOK。


実際につくったメニューをご紹介

あさごはん

♡トーストと目玉焼き、ベーコン、チーズ、サラダ、紅茶


トースターがないので、フランスパンはフライパンであたためます。
オリーブオイルで焼く目玉焼きも、なかなか美味!味付けはクレイジーソルトで。


ひるごはん

♡タコミート

出来合いのミートソースを、朝ごはんの残りのレタスと一緒に巻いて。


よるごはん

♡ミートソースパスタ

お昼の残りのミートソースを使って。

♡カルボナーラパスタ

買い込んだたまご・チーズ・ベーコン・牛乳を使って。


ポイント別まとめ

オススメポイント

  • 駅近
  • スーパーが近くにある
  • 食器がカワイイ♡
  • 日本人がいない
  • ウエア・ブーツを貸してもらえる
  • アクティビティいろいろ

イマイチポイント

  • こわい管理人さんがいる(笑)
  • お風呂あがりが寒い
  • キッチンが汚いときがある

ゲストハウスなので、何もかもが提供されるホテルとは異なります。
至れり尽くせりが良い人にはむかないかも。
ドミトリーに泊まって他の旅人と交流するのが好きな人や、その土地の暮らしを自ら体験してみたい人には、オススメ◎


♡次は、犬ぞり体験 編


お役立ちリンク

Abisko Fjällturer AB (ホステル)


予約サイト


Coop Lapporten