travel with me!

ごくふつうのOLの、私にもできる、旅

♡ 美しいのは、オーロラだけじゃなかった【スウェーデン旅行記❽】


昼間の過ごし方

食事を作ったり、犬ぞりやスノーシューハイキング、クロスカントリースキーなどで遊んでいると、昼の時間もあっという間。
夜のオーロラ観測で眠かった時は、お昼寝なんかもしていました。

参考記事:
♡ ゲストハウスでの自炊、一日の献立はこうやって工夫した【スウェーデン旅行記❻】 - travel with me!

♡ 犬ぞり体験は、自分自身がマッシャーで【スウェーデン旅行記❼】 - travel with me!



レンタルはチェックイン時に

昼間のアクティビティは、陽の光もあり体も動かすので、普通のスキーウエアで充分◎
しかし夜のオーロラ鑑賞は、陽もなく体も動かさないので、しっかり着込んで行かないと体がしんと冷えます。

43DEGREESさん(@43degrees)が投稿した写真 -


Abisko Fjällturer ABでは、アクティビティに申し込めばレンタルウエア・ブーツは無料。
(レンタルオンリーだと150SEK)

チェックインの時にサイズ合わせを行い、あとは部屋に置いておくことができます。
スキーウエアの上に着られるような大きめのサイズをチョイス。


持ち物

必要なもの一覧は、お役立ちリンク先に撮り方も合わせて詳しくあります。
ここでは代用したものを紹介。

三脚(+必要ならおもり)

風が強めに吹いても倒れない頑丈なものが好ましいそう。
→私の三脚は持ち運びやすい軽量化タイプだったので(笑)、おもりで代用
ビニール袋におもりになるもの(飲み物のペットボトルなど)を入れて、三脚にくくりつけ重心を下げて安定させました。

予備バッテリー

寒いところでは、電池の減りがとても早いので、予備バッテリーは必須!
→ネットで純正でないものを2つ購入。
やはり持ちは純正品が一番良い。
使っていないバッテリーは、できるだけ温めておきます。

リモコンやレリーズ

シャッターを押した瞬間のブレをなくすために用います。
→私は持っていなかったので、カメラの3秒タイマーで代用
ただしその分のタイムラグがあるので、気になる人は購入したほうが良いと思います。


いざ、観測へ

準備を終えたら、光のない山の方へ。

さて、オーロラには出会えるでしょうか?


一枚撮ってみよう

人間の目で見ると白くモヤ〜っとしか見えない・・。
しかしそれをカメラで写すと、色の付いたオーロラだったりします。

あやしいかな!?と思ったときは、とにかく一枚撮影してみる!
薄く緑色に光っている気がしたので撮影。すると・・



オーロラです!♡
きれい!!


雲は最大の敵

曇りの日にオーロラを観測できない理由が、この写真ではっきりとわかります。


雲、なんて邪魔なの!

このように雲はオーロラを邪魔してしまいます。
この日は風があったので、幸い流されてくれました。


オーロラと星空

ここでオーロラだけでなく注目して欲しいのが、夜空いっぱいの星☆


オーロラと星空のコラボは息をのむほど美しい。


たまに流星も見えましたよ♪



♡次は、スウェーデンの電車にも乗ってみた 編


お役立ちリンク

予約サイト


オーロラ撮影の参考に