読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

travel with me!

お金も時間もないOLの、私にもできる、旅

【京都桜母娘旅*3】憧れの伏見稲荷大社へ。海外の観光客でごった返す中、朱い千本鳥居の絶景をみてきた【伏見稲荷大社】


15:15▶︎母が来てみたかった、伏見稲荷大社

長建寺から北上し、伏見稲荷大社へ♪
伏見稲荷大社の敷地は広大ですが、今回は母娘旅なので、無理させないよう

  • 登山はせず、行くのは千本鳥居まで。
  • 疲れたら休む。
  • 帰りのバスに座れるよう、早めにバス停へ。
ということを頭において、出発♪




電車の駅も、"朱い"。




この辺りでは、"スズメの丸焼き"が有名だとか。




両側には出店がいっぱい。




青空の中の、朱色がとても鮮やか!


春らしい一枚が、撮れました♪


たくさんのひとがいても上手く撮るコツ

いよいよかの有名な、千本鳥居です。
しかしご覧の通り、見渡す限り人人人・・
少しでも人が気にならない写真を撮るには?


❶ 奥をぼかす

千本鳥居のところどころには、ランプが設置されています。
そのランプに焦点を合わせ、後ろをぼかすとこんな感じで撮れます。



❷ 鳥居の一部だけクローズアップする

鳥居の上や横のみの写真なら、人を入れず写すことも可能。



❸ 曲がり道を利用する

千本鳥居の帰り道は、人が他のコースへも分散するため、行きほど混んでいないことが多いです。
そのため、曲がり道を利用すると、人がいない写真が撮れることも!


どこまでもつながっていそうで、神秘的。


写真を撮るときは、他の方に迷惑にならないよう配慮が必要です。



「稲荷大神様」のお使い(眷族)はきつねとされています。但し野山に居る狐ではなく、眷属様も大神様同様に我々の目には見えません。そのため白(透明)狐=“びゃっこさん”といってあがめます。
http://inari.jp/about/faq/


ちっちゃいきつねの、涎掛け?がかわいい。




16:30▶︎歩き疲れたら、甘味処でひと休み

歩き疲れたので、来る途中に見かけた甘味処へ。


こんなところにもきつねが!

胡麻の風味のきいた餡入りモナカが、渋いお抹茶によく合います♡



17:30▶︎京都駅で、お土産探し

一度京都駅へ戻ってきました。
京都には何度も来ているけれど、一度も行ったことのない京都タワー。

18:30に、伊右衛門サロンを予約してあるので、それまで京都駅でお土産探し♡


18:30▶︎伊右衛門サロンでディナー

ごはん編で☆now writing...


♡ 次は、リーズナブルなのに居心地◎ プチホテル京都
now writing...


お役立ちリンク

伏見稲荷大社


伏見稲荷 参道茶屋