travel with me!

ごくふつうのOLの、私にもできる、旅

【弾丸台湾】LCCでいく!0泊3日、弾丸台湾やってみた〜計画編〜

週末海外デビューを台湾にした理由

最近では、羽田空港からの深夜国際線も増え、週末に手頃に海外へ行きやすくなってきています。


金曜の夜と土日を使えば、ソウル、釜山、上海、北京、台湾、香港などに。
頑張れば、シンガポール、クアラルンプール、バンコク、ホーチミンなどにも行けちゃいます。
さらに一日有給が取れるのであれば、グアムやサイパンも。
夢がひろがりますね!


そんな中今回台湾を選んだのは

  • 一度行ったことがある
  • 物価ぎ比較的安い
  • 情勢が比較的安定している
  • その中で最も短いフライトである
  • LCCもたくさん就航しており、安い運賃で行ける
  • 絶景とグルメを堪能できる

というような理由から。

時間もお金も限られているので、両方を有効活用するには、台湾がぴったりです。

また九份、十份、猫空など、絶景・自然好きにオススメのスポットの中でまだ行ったことのないところがあること、牡蠣オムレツやマンゴーかき氷などなど、まだ食べていないグルメが多々あることから、台湾に決定しました♪


LCC各社の滞在時間と発着地

今回比較したLCCは、バニラエアジェットスターピーチタイガーエアの4つの航空会社です。

台湾発祥のLCC・Vエアは運航を停止しており、スクートは昼間の発着なので除外しました。

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/9/9d/Vanilla_Air_logo.svg/640px-Vanilla_Air_logo.svg.png

  • 現地滞在時間 24時間50分
  • 金曜夜発・日曜朝着

行き帰り
成田空港台北桃園台北桃園成田空港
22:0000:5501:4506:05

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/8/8f/Jetstar_logo.svg/640px-Jetstar_logo.svg.png

  • 現地滞在時間 25時間45分
  • 金曜夜発・日曜朝着

行き帰り
成田空港台北桃園台北桃園成田空港
21:2023:5501:4006:10

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/d/d9/Peach_Aviation_Logo.svg/640px-Peach_Aviation_Logo.svg.png

  • 現地滞在時間 12時間15分
  • 土曜朝発・土曜夜着

行き帰り
羽田空港台北桃園台北桃園羽田空港
05:5508:2520:4024:55

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/c/cf/Tigerair.svg/640px-Tigerair.svg.png

  • 現地滞在時間 15時間55分
  • 土曜朝発・日曜朝着

行き帰り
羽田空港台北桃園台北桃園羽田空港
05:3008:1000:0504:10
※2017年サマーダイヤ

上二つは成田発着に対し、下二つは羽田発着。
スケジュールも大きく違うのがわかります。


成田と羽田で異なる、時間とお金の話

時間の話

動けるのは金曜の仕事後と、土日。
成田発着は、空港の時間に合わせるため滞在時間が長くなり、羽田発着は時間を気にせず飛ぶので、コンパクトなスケジュールであることがわかります。

台湾でやりたいことは、4つ。

  • 阜杭豆漿であさごはんを食べること。
  • 十份でランタンをとばして、瀑布を見ること。
  • 士林夜市でB級グルメを食べること。
  • 足つぼマッサージで癒されること。

ちなみに、十份ははずせません。


お金の話

航空券そのものの値段はぱっと見安くても、意外と諸税や地上交通費で、何かとお金がかかるというもの。

①空港使用料
成田の空港使用料が¥1,520なのに対し、羽田は少し高く、¥2,570かかる。

②地上交通費等
成田は都内から離れているぶん交通費がかかる。
最近は東京駅↔︎成田空港を¥1,000(予約すると¥900)で結ぶバスもあり。
羽田の場合、交通費は東京や横浜から¥5〜600と安い。ただし飛行機の発着時間には電車がないため、前日入りし羽田で時間をつぶす必要あり。
お金を気にしないなら、タクシーを利用するか、空港もしくは近辺のホテルに前泊する手もあり。

これらを踏まえての比較。

時間
お金
バニラエア
◎スケジュールと滞在時間は一番良い。△航空券がそれほど安くなかった。
ジェットスター
◯スケジュールは悪くない。◎諸税、地上交通費含め、航空券が最も安かった。
ピーチ
×滞在時間が短すぎる。×航空券もそれほど安くなかった。
タイガーエア
△到着が朝なので、行列必須の阜杭豆漿は不可。◯航空券は二番目に安かった。

上の比較は、あくまでも私の旅におけるものです。

比較した結果、ジェットスターで0泊3日で行くことに決定!
決め手は、空港使用料や一定交通費を含めた、航空券の安さです♪


実際に行ってわかった、時間の話

実際にこなしたスケジュールは、こんな感じです。

21:20 成田発
23:55 台北桃園着
01:00 空港で仮眠
04:20 バスで台北市内へ
5:45 阜杭豆漿であさごはん
07:30 台北市内から十份へ
09:45 十份観光
13:45 十份から台北へ
16:00 市内で休息、ごはん
17:30 士林夜市
19:00 足つぼ
20:30 バスで台北桃園空港へ
21:00 お土産探し・仮眠
01:40 台北桃園発
06:05 成田着

実際に行ってみてわかったのは、このスケジュールをこなすには、成田発着便で時間がぴったりでした!
ただし金曜の夜は、遅くとも18:00くらいには成田へ向かわなければならないので、忙しい。

最近は羽田深夜便を各社推しているものの、電車がない時間帯というのは意外とデメリットに感じます。



このあとは旅の中身について☆

♡次は、台北桃園空港での過ごし方 編
now writing...


お役立ちリンク

バニラエア


ジェットスター


peach


タイガーエア