絶景CLIP

絶景さがして、どこいこう

シンガポール動物園で、オランウータンと朝ごはんを食べよう【はじめてのシンガポール2017②】


シンガポールで最も楽しみにしていたことの一つ、シンガポール動物園♡
オランウータンとの朝ごはんも予約して、母娘でわくわくです。

♡1日目夕方
シンガポール到着!
ジンジャーチキン@Soup Restaurant
♡2日目
シンガポール動物園 ☜now!
アラブ・ストリート
リトル・インディア
マリーナベイサンズのフードコート
マーライオン公園
リバークルーズ
チリクラブ@Jumbo
♡3日目
カヤトースト@チャンギ空港


オランウータンとの、朝ごはん

オランウータンとの朝ごはんを申し込んでいたので、朝ごはんを食べず出発。
シンガポール動物園までは、朝早かったのでタクシーで。
8:00にホテルを出て、大体時間通りに8:40頃には動物園に到着。
ラッシュアワーには25%増の料金になりますが、それでも約24SGDでした。

まだ朝早いので券売り場も入り口もガラガラ。

はじめに出迎えてくれたのは、鮮やかなフラミンゴ♡


オランウータンとの朝ごはんは、アーメンレストランで開催されます。


まだこの時点で3〜4組しかいませんでしたが、9時を過ぎると次々と観光客がやってきて、席はほぼ満席に。

いろんなデニッシュや、ホットミール、フルーツが並びます♪




朝食をいただきながら、オランウータンの登場を待ちます。
この中のお気に入りは、フレッシュなグァバジュースと、ビーフンの炒め物♡
なかなか美味しいビュッフェです。

9:30になると、いよいよオランウータンの登場!


手前の一番大きいオランウータンが、お母さん。
一匹いないようですが、四兄弟姉妹だとか。
こちら朝ごはん中のお母さん。

そう、もう一匹がどこにいるかというと…





お母さんの腕の中からぴょこり!

お目目まんまるで、可愛い♡♡

このオランウータンたちと、写真を撮ってもらえます♪
スタッフによってはシャッターを押すタイミングを言わないので、目をひらいておくのがオススメ(笑)

エサやり体験はマスト!

シンガポール動物園の醍醐味の一つは、近距離で楽しめるエサやり!

印の付いている動物には、自分でエサをあげられます♪

9.15am Elephant*
10.30am Otter
10.45am Giraffe*
11.00am Primate Kingdom (Starts at Black Howler Monkey)
11.30am Naked Mole Rat
11.30am Goat*(Rainforest Kidzworld)

※午後もあります。
最新のものは、singapore zooのSHOWS&FEEDINGS→Token Feeding Timesから確認できます。

オランウータンとの朝ごはんのあと、周辺の動物を見ながら、時間を合わせてキリンのエサやりに。
今思えば、カワウソも見に行けばよかった!

キリンのエサやりは、5SGD出すと、ニンジンが5〜6本入った紙コップをひとつもらえます。
母と二人でしたが、二人で5SGDで大丈夫でした◎

こんなに近い!♡


ベロ長いな!


お互い写真を撮りあいっこ。
スタッフも撮ってくれていて、あとで写真を購入できる引換カードをもらえます。

ちょっとした注意点

▶︎チケットの購入

12% OFF シンガポール動物園 割引 チケット (園内トラム乗車券付) - Voyagin(ボヤジン)から購入するのが一番お得のようです。
オランウータンとのジャングル朝食付きの有無も選べます。
5SGDのトラムも込みで9,900JPYとのことなので、singapore zooのサイトから買うより、レートによっては1,500〜2,000JPYくらいお得になるかもしれません。

voyagin
singapore zoo+ジャングル朝食+トラム 12% OFF シンガポール動物園 割引 チケット (園内トラム乗車券付) - Voyagin(ボヤジン) 9,900JPY
公式サイト
singapore zoo BUY TICKETS ONLINE 62.7SGD(66SGDの5% OFF)
トラム付きは+5SGD
ジャングル朝食 SPECIAL EXPERIENCES→Dining with Animals 70SGD
ちなみに私たちはsingapore zooのサイトから購入してしまいました。
オランウータンとの朝ごはんのお金は、当日レストラン入り口で支払います。
私たちはオランウータンの真ん前からひとつ隣の席に着くことができました。
公式サイトからだと席が有利になるのか、完全に早い者勝ちなのかはわかりません。


▶︎動物も人も、暑さにやられる

シンガポールは、とにかく暑い。
動物もこんな感じに。

模様でお分かりいただけましたでしょうか。
ホワイトタイガーです。

こちらは何でしょう。




カンガルーです。




なのでエサやりの時間を狙ったほうが、動いている動物を見られます◎

暑さに弱い母も動物に負けずヘトヘト。
そんな時に役に立ったのが、☂のマークのところにある小屋
屋根だけでなくドア付きの小屋は、中が冷房でひんやり♪長椅子もあります。
ライオンとマレーバクの近くの小屋でしばし休憩しました。

お役立ちリンク

シンガポール動物園


各種動物園チケット購入(公式)


ジャングル朝食(公式)


Voyagin チケット購入