絶景CLIP

絶景さがして、どこいこう

アラブストリートとリトルインディアへ。炎天下の徒歩移動15分は、ちょっとキツかった【はじめてのシンガポール③】


「徒歩10〜15分」とあれば、日本だと気軽に歩いてしまう時間だと思います。
しかし、シンガポールはとにかく暑い!
日本と同じように考えていると・・

♡1日目夕方
シンガポール到着!
ジンジャーチキン@Soup Restaurant
♡2日目
シンガポール動物園
アラブ・ストリート
リトル・インディア ☜now!
マリーナエリア

リバークルーズ
チリクラブ@Jumbo
♡3日目
カヤトースト@チャンギ空港

日本と違う、暑さの中の徒歩15分

動物園のあとは、タクシーでブギス駅へ。
アラブストリートを観光し、その後リトルインディアで昼食、という予定。

アラブストリートでは見たいモスクがふたつ。
スルタン・モスクと、マラバール・モスク。
遠い方から先に行き、戻りがてらスルタンモスクを見ることに。

ところがこれが間違いでした。
シンガポールの暑さをなめていました。


ブギス駅からマラバール・モスクまでは、Google mapによると徒歩11分。
11分というと普通に歩けそうな数字ですが・・


シンガポール、とっても暑い。


途中信号待ちで止まる間も、汗ダラダラ。

すでに動物園で暑い中歩き回った後というのもあり、母の体力がどんどん奪われていきます。


途中に学校を発見。


地図を見ながら信号待ちもあり、なんだかんだと15分。
マラバール・モスクに着くころには、母がヘトヘト!

ブルーで綺麗なモスク。
観光客を受け付けている時間ではないので、外から見るだけで終わり・・


というか、最初からタクシーでここに降りれば良かった。


シンガポールの徒歩15分をなめてはいけません。
若い人はいいですが、シニア世代にはけっこうキツイかも・・
特に暑さの苦手な方は注意です。


一度ホテルに戻るのも手

折り返して今度はスルタン・モスクへ。

ここもお祈りの時間でした。

この辺りでもう母が限界で、休みたいけれど冷房のある座れるお店がなかなか見つからない。というかわからない。
アラブストリートで食事をする予定がなかったので、あまり調べていませんでした。

結局、露店でアイスを購入し、外の席でひと息。

だいぶキツそうだったので、リトルインディアは諦め、ここで一度ホテルに戻ることにしました。


トルコランプ屋さんなどのショッピングもキャンセル。

今度来たときに行こう。


ちなみに、当初このあとリトルインディアまで歩いて行く予定でしたが、アラブストリート〜リトルインディア間は、Google mapで徒歩15分。
このまま予定継続していたら、おそらく暑さでへばっていたことでしょう。


ホテルの部屋に戻ると、冷房ガンガンで寒いくらい。
ココで1時間ほど休憩し、母の体力も無事回復しました。

気がついたら熱中症、なんてことになったら大変なので、ときにはこういう判断も大事。
連泊だとお部屋で休めるので、いいですね!


お昼の時間を過ぎたら

ちょうどお昼時にホテルで休憩したため、体力が回復した頃にはお昼も終わりの時間。
気になるお店を調べるも、これからではラストオーダーに間に合わない。


そんな時に便利なのが、フードコート◎

フードコートならば、ショッピングモールが開いている時間であれば、いつでも出入り&注文OK。

マリーナエリアに行きたかったこともあり、ホテルからタクシーで、マリーナベイサンズにあるフードコート、ラサプラ・マスターズへ!

マリーナベイサンズの地下2階にあります。


リトルインディアで食べる予定だったフィッシュヘッドカレーを探しましたが、ココにはありませんでした。

そこで注文したのは、大好きなラクサ♡

シーフードとココナッツの味と香りが、大好き!
ちょっと辛めの味付けでした。


他にもチキンライスや焼きそば、バクテー、マンゴースイーツなど、B級グルメが並んでいましたよ!

ホテル内で冷房もきいているので、疲れたときにはいいかもしれません。



とにかく、シンガポールは暑いので、歩くのにも暑さに体力が奪われます。

シニア世代の親と旅行という場合、タクシーを活用すべきなのと、行くスポットごとに休憩ポイントを見つけて入れておいた方がいいかもしれません。


お役立ちリンク

サルタン・モスク


マラバール・モスク


ラサプラ・マスターズ