絶景CLIP

絶景さがして、どこいこう

長崎中華街をランタンで埋めつくせ。絶景で祝う旧正月【長崎母娘旅長崎③】


ランタンの絶景のひとつとして有名な、長崎ランタンフェスティバル。元々は、長崎の中華街の方々による、旧正月を祝うための行事だったようです。
ハウステンボスでイルミネーション満喫し、昼間に市内観光をしたあとは、いよいよランタンフェスティバルへ!

夜ごはんは早めが吉◎

せっかくだから中華街で美味しいものを食べたい!
中華街はメイン会場のひとつにもなっているので、ごはんの前に周辺をお散歩することに。

銅座川にかかるのはピンクのランタン。かわいい♡

湊公園は、旧正月のお祝いムード一色です。

その年の干支のオブジェが見どころ。


屋台もあるよ☆

隣接する中華街。


さてここでご覧頂きたいのがこちら。


・・・人めっちゃ多くないですか!?
こんなに混むとは思っておらずびっくり。
これではレストランも混雑しそうなので、早めに入ることにしましたが、これが正解!

立ち寄ったのは西湖というレストラン。

開店10分前の時点で、2〜3組並んでいました。
17時の開店と同時に入り、皿うどんとスープを注文。

♡ 皿うどん

♡ マッシュルームのスープ

スープは、母とシェア。

皿うどんが、すごく美味しかった!
あんがクリーミーで、味付けはクリームシチューというか、クラムチャウダーというか、甘めのあんです。

とにかく今までの皿うどんのイメージが変わりました。
ちゃんぽんは食べませんでしたが、口コミによると皿うどんをあっさりさせた感じで美味しいらしい。


この年(2017年)の秋にTBSの「バナナマンのせっかくグルメ!」で紹介されたみたいです。


点灯式は大混雑

さて、夜ごはんを食べ終えて外に出ると、ものすごい混雑です。

実はこの時もうすぐ点灯式だということに気づいておらず、レストランを出て人の波に乗って湊公園の方へ。

もう、ヨチヨチ歩きです。

そして、湊公園手前の道路付近まで来ると…

動きが止まりました。
前後左右、どちらにも進めません。
離脱しようにも、全然無理です。

この時点で、17:45くらい。点灯まであと15分。
公園内から、点灯式のアナウンスがきこえてきます。

やがて18時間際になると、みんなカメラを構え始めて、カウントダウン・・


18時に一斉にランタンが点灯☆

しかし点灯したからといってすぐには身動きが取れません。
徐々に会場に行きたい人の押し合いが始まって、無理に押しのける人がいたりして、たまに各地から悲鳴が・・。

点灯から10〜15分くらい経ってようやく湊公園会場内に。
母にも大変な思いをさせてしまいました。

個人的には、確かにたくさんのランタンがパッとつく瞬間は綺麗なんですけど・・この混雑に巻き込まれるなら、レストランでもうちょっとゆっくりしてからくればよかった!
特に子供やお年寄りはけっこう危険だと思います。


ランタンで埋めつくせ。絶景で祝う旧正月

そんな人混みを乗り越えて見たかった絶景はこちら♡
湊公園には、たくさんのランタン!



縁起物の鶴。
酉年だし、なおさら?


あまり日本で見かける顔ではないですよね。





ちなみに、公園内も大混雑。

ショーを観る人、ランタンを写真に撮る人、屋台で買い物をする人でごった返しています。

人の壁が出来ていて、行きたいところにはなかなか進めません。

懲りずに中華街を通って川の方へ行ってみます。

あ!ハトシ!
人混みをかき分けて購入。

川の方にくると、ピンクのランタンが可愛い雰囲気♡

通りには大きなオブジェ。

人混みはウンザリですが、たくさんのランタンにかこまれて、素敵な雰囲気を満喫することができました♡


盛り上がること間違いなし!変面ショー

ランタンも綺麗ですが、ランタンフェスティバルでおすすめなのはこれ!

変面ショーです。

変面は四川省の伝統芸能「川劇(せんげき)」で披露される技の一つ。軽快なリズムの曲に合わせて踊りながら、顔に着けた色鮮やかな仮面を次々と変えていく。一瞬にして仮面が変わる仕掛けは門外不出の技とされ、限られた人だけが伝承できる。

https://mainichi.jp/articles/20171215/ddg/041/040/003000c

孔子廟会場はちょっと離れていますが、一見の価値あり◎
本場中国でも観ましたが、踊りながら一瞬にして面を変えて行く様は本当に見事!

❤COCO❤さん(@28coco28)がシェアした投稿 -

素晴らしい技に、一秒も目が離せなくなりますよ。


お役立ちリンク

長崎ランタンフェスティバル


西湖