絶景CLIP

絶景さがして、どこいこう

天国の海、ラニカイビーチで見られる絶景【ハワイひとり旅②】


"ラニカイ"とは、ハワイ語で"天国の海"という意味だそう。
「全米で最も美しいビーチ」にも選ばれたこともある、絶景を見にいってきました。

日本の自転車に近い仕様

パンケーキでお腹を満たしたら、いよいよビーチへ向かいます。
レンタサイクルのお店へ。


カイルアタウンはカラフルでおしゃれ♡


カイルアビーチ、ラニカイビーチへは、当初カイルアタウンから歩いて行こうかとも思いましたが、結果からいうと歩かなくて正解。
日差しが照りつける中歩くには、ちょっと遠いです。

自転車は、迷った挙句Kailua Bicycleで借りることにしました。

口コミにはいろいろとありましたが、女性の店員さんは、まぁ普通かな。
別に特別愛想が良くはないけれど、淡々と手続きをしてくれて、あまりこちらに構わない感じで、わたしは良かったです。


注意書きいろいろ。



この自転車のいいところは、

  • 前輪ブレーキが日本と同じ仕様
  • 前カゴがついている

ところ。


後輪ブレーキはペダルを逆にまわすことで止まります。
最初はちょっとブレーキの強さの調節など戸惑いましたが、少し乗れば慣れました。
慣れるまでの間、前輪のハンドブレーキがあると、安心◎

あと、カゴがあるのもナイス。
カゴのない自転車も走っているのを見かけましたが、Kailua Bicycleの自転車はカゴ付きでした。
日本と違うので貴重品のバッグを無造作に入れたりはしませんが、コンビニで買った水や、水着などちょっとした荷物を入れるには便利です。

ちなみにコンビニに寄ったら、放し飼い(?)のニワトリに会いました♪


これが、見たかった絶景

ビーチに向けて出発!
自転車道があるので、走りやすい。


なんだかこの景色、同じく自転車でベトナムのビーチに行ったときのことを思い出します。

まず最初にたどり着くのは、カイルアビーチ。
ビーチの手前には、カイルアビーチパークの芝生が広がります。

ごろごろしたい。
でも、ラニカイビーチへ行くため、我慢してひとまず通り過ぎます。

橋の上から。

ラニカイビーチへは、最後に坂があります。
登り坂の途中、上から見るカイルアビーチ♡

ちなみにこの坂道は、左側にしか歩道がありません。
行きも帰りも歩道がある側を通りました。


このモニュメントが見えてきたら、あとは下り坂♪

坂を下りたら、二股の分かれ道はそのまま左の道へ。
自転車を停める場所を探しつつ進みますが、住宅街のため、駐輪禁止の看板がけっこう立っていました。
Ocean Access 5まできたところで、自転車をくくりつけられそうな金網の柵を発見。
ちょうど1台分だけ空いていてラッキー♪

小道からビーチへ!








けっこう人がいる

ラニカイビーチには、予想より人がたくさん。

ブイなどが浮いていないので、写真映えは◎
ただしライフカードもいないので、泳ぐときは自己責任で。


砂浜では、パラソルやテントを持ち込んで、皆ゆっくりしています。


私も、木陰に持ってきたバスタオルを敷いて、浜辺にごろん♡

ラニカイビーチは木陰はあるものの、多くはありません。
Ocean Access 5から出たあたりは、比較的浜辺も広めで、木陰もあります。
12時過ぎくらいにビーチに着いたときはまだ木陰が空いていましたが、徐々に埋まり始め13時頃にはけっこう人で埋まっていました。

いい場所が取りたければ、昼前に行く方がいいかもしれません。


Kailua Bicycleの自転車は、前輪ハンドブレーキ&カゴあり
カイルアタウンからは自転車推奨
小道はOcean Access 5あたりがオススメ
木陰を見つけてのんびりしよう



お役立ちリンク

Kailua Bicycle


カイルアビーチ


ラニカイビーチ